妊娠中に必要な栄養素として最近注目を集めている葉酸。普段なかなか意識しない栄養ですが、その効果とは?どれくらいの量が必要なのでしょうか?そんな噂の葉酸サプリの基本を解説します。

葉酸の効果とは

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種に属する栄養素です。 ホウレンソウなどの葉物野菜やグレープフルーツなどの果物類に多く含まれています。

この葉酸が身体に与える効果には赤血球の合成、遺伝物質を構成する核酸の合成を助ける、タンパク質の生成やアミノ酸の合成、皮膚や口内の粘膜強化などがあり、身体内でエネルギーを作りだす過程において非常に重要な役目を担っています。
そのため葉酸が不足してしまうと悪性の貧血、食欲不振、口内炎などの様々な不調を引き起こしやすくしてしまいます。

また葉酸は妊婦に必要な栄養素の代表とも言え、通常の成人女性の適正摂取量が1日200μgなのに対して妊婦の適正摂取量は400μgと2倍にもなります。
これはただ単に栄養摂取という理由だけではなく、「神経管閉鎖障害」予防する効果があるとされているためです。
この神経管閉鎖障害というのは胎児の神経管が正常に機能していない状態であり二分脊椎や無脳症などを引きおこしたり、流産や死産の危険もあります。

そのような症状の発症リスクが葉酸の積極的な摂取により低減できるとされているのです。
また安全性も高く必要以上になった栄養分は汗や尿と一緒に体外に排出されます。



葉酸を多く含む食べ物とは

葉酸は、野菜類をはじめ、豆類や藻類にも多く含まれています。
野菜を積極的に摂取することで、十分葉酸をとることができます。

 

具体的には、キャベツやアスパラガス、えだまめ、らっかせい、茎にんにく、クレソンなどに含まれています。
また、青汁の原料としても使われているケールやカリフラワー、ブロッコリー、ほうれん草にも含まれています。
果物では、マンゴーやアボガド、ドリアンが葉酸の多い食品としてあげられます。
いちごやライチも、数量をある程度とること葉酸をとることができます。

 

肉類にはあまり含まれていませんが、レバーは葉酸の多い食品です。
鶏や豚、牛など、どのレバーにも多く含まれています。中でも、鶏の肝臓はまるまるひとつで一度に十分な摂取量をとることができます。

 

豆類では、納豆やひよこまめに多く含まれています。
藻類は、やきのり、味付けのり、いわのりなどに含まれています。
その他種実類、お茶類やうになどの魚介類にも含まれていますが、含有量を考えると、野菜や果物、レバーから摂取すると効率が良いのでおすすめです。

 

葉酸はビタミンB群の仲間で、身体の細胞が作られるときに必要な栄養素です。
貧血予防や細胞の再生を助ける効果、動脈硬化予防などに効果があります。
葉酸の多い食品をとって健康維持に役立てることをおすすめします。